Author

  • 名前:のあ
  • 性別:女
  • 年齢:33歳

京都府出身の、コスプレイヤーの、りのあです。ラジオやコスプレイベントで私と一緒にコスプレイベントに参加できる人募集してます。 美味しいもの食べたりボカロ聴いたり、身体を動かすことが好きです。

検索

大人になっても楽しめる児童文学について

あなたは児童文学を読んだことはありますか?おそらく、ほとんどの方が子供のころに読んだことがあるのではないでしょうか?
しかし、大人になってから児童文学を読む、という方は少数派かもしれません。

もちろん、児童文学は基本的には子供を対象として創作されたものになります。しかし、大人になって改めて読むことによって発見することができるものも少なくありません。

もしかすると、子供のころ大好きだった作品を改めて読み返してみると、当時とはまったく違った一面が見えてくるかもしれません。

また、まったく知らない作品であっても、その世界にのめりこんでしまうことになる可能性だってあるでしょう。

◆自由な発想で創作された児童文学
子供が読むことが前提となっているからといって、そこで描かている世界は決して幼稚なものではありません。
むしろ、大人向けの文学作品よりも、ずっと自由な発想で創作されているものも少なくありません。

所詮は子供向けのものだから…といった偏見を一度捨ててしっかりと読んでみましょう。すると、そこにはあらたな発見がいくつも潜んでいる可能性があります。

頭の柔らかい子供のための作品だからこそ、その世界観はとても自由で、大人もうならされてしまう作品も少なくありません。

児童文学だから、とカテゴリー分けしてしまい、最初から無視してしまうことは実はとてももったいないことなのです。

あなたの家にもいくつもの児童文学作品が眠っているのではないでしょうか?もう一度それを手にとって、開いてみませんか?
もしかするとそこにはあなたの想像を遥かに超える世界が広がっているかもしれません。

子供向けだから、といって読まないでいると、その魅力に気付いたときに後悔してしまうことになるかもしれません。
当サイトでは、そんな魅力的な児童文学の世界をご紹介してみたいと思います。きっと、その中にはあなたの興味を惹いてくれる作品を見つけることができるはずです。

良い本とは?~絵本、児童文学のオススメをする理由

児童教育の専門家がいます。子どもにとって「良い本とは?」。この問いへの答えは、もしかするとバラバラかもしれません。当然ですが、教育という学問を否定しているわけではないですよ。それほど難しいことだと思います。

ニュースなどでは、子どもに悪い影響を与える話ばかりが目につきますよね。実際は逆を求めているはずです。これが良い本の基準、その難しさを表しているように感じませんか?

どんな子どもにとっても「良い本」はありません。当たり前の話ですね。幼い子どもにも個性があります。個性が育ちつつあるところです。それぞれの子どもで興味の方向がバラバラで当然でしょう。

興味の方向は環境によっても変わってきます。親が本を読んでいると、子どもたちも自然に本を読むようになっていく…こんな話を聞いたことがありませんか?よくある話です。親の趣味が子どもにも影響するのは読書だけに限ったことではありません。

「良い本」。大人が読んで面白いと感じた本は、子供たちも同じように感じるはず…こういうふうに考えてはどうでしょうか?もちろん、ここでの本は絵本や児童文学、童話などです。

「良い本とは?」。専門的な話は研究者にお任せしましょう。自分の子どもだけではありません。親戚の子どもたちでも、近所の子供たちでも、知り合いの子どもでもいいと思います。

自分が昔、子どもだった頃に面白かった本を誕生日やクリスマスのプレゼントにするなんて、なかなか粋な贈り物だと思いますよ。

  • クレジットカード現金化チェキ
  • 更新情報

    2016-11-07
    大人になっても楽しめる児童文学についての情報を更新しました。
    2015-08-14
    日本の傑作を揃えてみました!の情報を更新しました。
    2015-08-14
    大人にも絵本や児童文学を!~オススメを集めた理由の情報を更新しました。
    2015-08-14
    世界中には素晴らしい本があります~絵本、児童文学、童話の名作たちの情報を更新しました。
    2015-08-14
    翻訳って難しいですよね…~「どろんこハリー」を新規投稿しました。
    ページ上に戻る